スペシャルインタビュー:Cさんの声

Cさん

現在小学校臨時採用講師として勤務。教育現場に入る前に、様々なことを経験されています。kei塾の利用は2015年1月生および2016年2月生。2次試験2回目のチャレンジで最終合格を勝ち取る。
 

何回も何回も練習できた事で、今回はすごく自信をもっていけたので、それが良かったです。

教務スタッフ 2年通学していただいて合格!ということですが、kei塾はどうでした?
Cさん 講師の先生が親身になって面倒見てくれるところ。周りの人たちも教員になる勉強してるって言った時にkei塾に通ってた人が多かったから。信頼できるところだなって。
教務スタッフ 講師が親身になってくれるというのは、どんな時に感じましたか?
Cさん 小論文の添削や面接前に夜遅くまで対応してくれたり、面接対策も上っ面の評価じゃなくて厳しく指摘してくれるし、一面接官として色んな評価をしてくださるところがいいなと思います。面接が苦手だったので、言い方、表現の仕方とかを見てくださってよかったです。何回も何回も練習できた事で、今回はすごく自信をもっていけたので、それが良かったです。
教務スタッフ 面接で先生に指摘されたことはありますか?
Cさん 苦手意識があるから声が小さいとか、相手へどうやったらコンパクトに自分の思いを伝えられるかとか。面接官の人がどういう事を求めているか目線でアドバイス頂けました。自分の思いを聞いてくれる相談役じゃなくて、本当に宮城の教員としてどういう事が必要とされてるかを意識して聞いてくださったので、そこがすごくよかったです。
 

試験前も励ましてくださって、雰囲気的に通いやすいところでした。

教務スタッフ 1次の対策は?
Cさん 教職教養と小全で受験した。教職教養はkei塾のテキストを何回も覚えるくらい読んで、過去問とか小テストがたくさんあったので、それも覚えるくらい何回もやりました。
教務スタッフ 自習室に備え付けの小テストですね?
Cさん そうです。すごく良いです。要点もまとめられていて、宮城県に沿ったまとめられ方で無駄なく勉強出来ました。 教務スタッフ テキストはどうでした?
Cさん すごく見やすかったです。講義しながらもマークするべき重要なところは教えてくれたので、後からも見やすいテキストでした。
教務スタッフ ALCはどうでした?
Cさん 何回か参加しました。いろんなテーマでいろんな人と話し合えることはすごくいい機会になりました。
教務スタッフ 事務局の対応はどうでしたか。
Cさん いつも明るくて優しくてよかったです。試験前も励ましてくださって、雰囲気的に通いやすいところでした。
 

kei塾は先生がより身近で指導してくれる、ひとりひとりを見てくれる、という塾だと思います。

教務スタッフ 先生になってから役に立つと思ったことはありましたか。
Cさん 面接する上で、自分がなんで先生になりたいかということを思い出したりしたので、先生としてやっていくときの柱になってくれる、何回も振り返ることができると思いました。
教務スタッフ これから採用試験を受ける人へのアドバイスはありますか?
Cさん ここに来たことで、見通しをもって試験対策に取り組むことができたと思います。仲間と一緒に頑張れたのは大きく、ひとりで勉強するよりとてもよかったと思います。
スケジュール的にも見通しをたてられたし、どんな配点で採用は決まっているかなど、点数化して教えてくださって、試験研究・分析した結果を教えてくれたのが助かりました。
毎回の試験で、自分はあと何点足りないかなど明確に知ることができるのもよかったです。
教務スタッフ モチベーションを保つのは大変じゃなかったですか?
Cさん (対策期間は)すごく長いんですけど、あっという間で、ここに来るから勉強できる。毎週毎週あるのがいいなと思いました。
教務スタッフ 塾にくれば誰かが頑張っているし、自分も頑張らなくちゃと思えますよね。
他のスクールと比べてkei塾はどうでしょう?
Cさん 『進学塾』と『家庭教師』というイメージです。kei塾はより先生が身近で指導してくれる、ひとりひとりを見てくれる、という塾だと思います。
 

神谷講師から

2年目の受講となったCさん。インタビューに応じていただき、どうもありがとうございました。毎週、講義後にしっかりと自習をこなしていたCさんは、前年度も1次合格は果たしたのですが、今年度はさらに着実に力をつけることができたようです。苦手意識のあった面接では、アピールポイントが拡散しがちだったので、絞り込むようにアドバイスしました。また、話し方や表現方法などの技術面も向上させることができたので、成果につながって本当に良かったと思います。豊富な社会経験を生かして、未来を担う子供たちのために頑張ってください。