WEBアンケート 2017

受講者情報

Yさん(30代前半)
県内病院勤務
仙台市/養護教諭
今年5回目の受験

頑張った分の報告を出来る先があったので良かったですね

教務スタッフ
養護教諭を選択した理由は?
Yさん
私の中では、学校の中で働くというのが、病院でよりもすごく難しさがあるような印象を受けてたんですね。病院は医療の専門家がたくさんいますけど、学校の中で養護教諭というのは、1人、多くて2人のところに検診とかで先生たちに来てもらってということになるので、自分自身がきちんと子供と向き合えるための知識とかを身に付けていないと子供の健康を守るのは大変なんじゃないかなと思って。どこでも急に人が倒れる可能性があると思うんですね、そういうときにきちんと対応できるようになりたいなと思ったんです。
教務スタッフ
Yさんは小さいお子さんもいらっしゃるので、育児に病院の仕事、家事に試験勉強と大変じゃなかったですか?
Yさん
大変でしたね、今思えば。でも、塾に勉強した分の学習報告をすることでやる気になったというか。私は人から見られていないとやらないと思うし、ギリギリになって切羽詰まっちゃうので、頑張った分の報告を出来る先があったので良かったですね。オリエンテーションの時に金子先生が面接について話していた「やるからには絶対Aの評価を取らないといけない!」というのを聞いて、絶対Aなんて取れないと思っていたんですけど、でもそれをきっかけに、できるようにやらなきゃ進めないんだなと思って、頑張ろうと思えました。養護は枠が狭いので人並みに頑張っただけでは受からないんだなって去年までの体験ですごく思いました。
教務スタッフ
今年で受験は何回目でしたか?
Yさん
今年は5回目なんですね。今までは、妊娠・出産などがありながら受けていたので、体調のこともあるし、しょうがないなと割り切っていたんですが、4回目に受けた時は本気で勉強したつもりが、もう少しのところで足りなかったので、人並みに勉強しただけではダメなんだと痛感しました。

勉強だと思うと大変だと思うかもしれないけど、〝やりたいこと〟だったらそんなに苦じゃないなと思って

教務スタッフ
一日のタイムスケジュールはどんな感じでしたか?
Yさん
夜勤もあった時にはぐちゃぐちゃしてたんですけど、育児・家事のことを考えると朝が一番時間が取れるし、自分の〝やりたいこと〟としてやってました。勉強だと思うと大変だと思うかもしれないけど、〝やりたいこと〟だったらそんなに苦じゃないなと思って。教職教養や一般教養の勉強は大変でしたが、朝一番にやることで、「できた!」という気持ちで一日をスタートできたので良かったです。
教務スタッフ
一日の勉強時間はどれくらいでしたか?
Yさん
2時間は取るように努力しましたが、1時間半くらいかもしれません。土日や休みの日に時間がかかるものはまとめて勉強するといった感じでした。
教務スタッフ
Yさんは忙しい中でも休まないで出席されているなと思ったのですが、休みたい気持ちにならなかったですか?
Yさん
塾に行かないと、その間に皆は進んでるだろうなぁとか罪悪感が湧いてきて、人より遅れを取るのが怖かったです。でも、kei塾は欠席しても動画のフォローがあったので、その点はすごく助かってやりやすかったです。

絶対諦めない、妥協しないことですかね

教務スタッフ
そのモチベーションはどこからくるんですか?
Yさん
先生がやりたいことだったから。ここまで4、5年かかってますが、講義を受けていると先生からモチベーションをもらえるし、一緒に勉強している仲間(受講生)がいるので、そういったところもいい刺激になっていました。周りの進み状況を聞いて「進んでるなぁ」と。あとは、今年から一般教養で主要5教科も入ってきましたが、私は苦手だったので、数学がわからなければその教科を選考している受講生の方に教えてもらったりしていました。
教務スタッフ
kei塾のいいところを挙げるとしたらどんなところですか?
Yさん
いろんな受講生の人と関わったり話合いとかそういう機会があると繋がりも出来るし、あとは先生たちが応援してくれている雰囲気やスタッフの方も対応が良くて、自習の報告に対しても毎回返事を返してくれたりとか、日々レスポンスがあったので、ありがたかったです。
教務スタッフ
これから受験される方へアドバイスするならどんなことですか?
Yさん
絶対諦めない、妥協しないことですかね。私は今年は本気でやりたいなと思ったから、一日のライフスタイルを見直して、朝早く起きて勉強の時間を作るとか工夫しました。自分の気持ちに負けないでやり尽くすという気持ちがあると合格までつながるのかなと思います。(対策期間が)長いので、段々力が尽きてきて、ダメかなぁと思いがちなので。ストレスが溜まったらうまく解消するのも大事だなと思います!やりたいと思ったことがあると、それを片付けてからでないと進まないと思うので、気になったことがあればそれを片付けてから勉強するのもありなのかなと思います。疲れてたら休んで寝るのも大事だと思います。

 

神谷講師から

 Yさんは、ほぼ毎日学習報告をしてくれました。年齢や小さい子がいる家庭の状況など、客観的に見れば不利になりそうな条件を見事に跳ね返して合格を勝ち取ったYさんには敬服します。kei塾の映像フォローをはじめとするバックアップシステムをしっかりと活用してくれてありがとうと言いたいです(笑)。家庭との両立は大変です。加えてYさんの場合は仕事との両立も課題でした。kei塾が学習のペースメーカーになれたようで、とてもうれしいです。これからも両立頑張ってください!